Auntie_K's Diary

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの独り言です。

ちょっと思い出した

f:id:auntie_K:20170315041042j:plain

こんにちわ☆

今日のモントリオールは最高0℃と暖かい日になりそうです。

普通は-6℃とかなのに。変な気候です。


何がtriggerになったのかしら。。。

ジョージア州での大学時代、苦学生だった時の事思い出しちゃった。

街自体はそこまで田舎じゃ無かったけど、当時が大学寮が無くって、学校の近くのアパートは高いから住めなかったのよ。

だから、ちょっと離れた街に住んで、限られた本数のバスに乗って通ってたっけ。

アパートも3部屋の内、一部屋を借りる契約で、確か当時の金額で月に150ドル。

電気代は3人で50ドル/月で、カード式。

カードに50ドル入れたら電気が付くの!

50ドル分使い切ったら、カードにまた電気代を入れて付けるのよ。

余計に誰が使った何か分からないから、ルームメイトと喧嘩になるのを避ける為に皆外で勉強したりしてたわ。

ルームメイトも、仏人と黒人で文化の違いかしらね。

シャワーの使い方からキッチンの使い方まで喧嘩ばかりだったわ。

テレビなんか勿論置いて無いし、パソコンなんかまだ無い時代。

かろうじてラジオを乾電池で聞いていたっけねw。

お金が無いから、大学構内の書店でアルバイトして、授業は全部夜の授業を取って。

洋服は全部、Second Handのストアで買ってたし。

でも、見栄っ張りだから、ブランド品名を確認して買ってたの。

周りの人はそれのせいで結構アテシが金持っているって勘違いしていたらしいわw。
(後から友達から聞いた話)

大学構内のでアルバイトしていたから(?)、奨学金も貰える事になって授業料が安くなったのは良いけど、生活費はギリギリの生活で。

この奨学金は結構周りに白い目で見られたかな。。。皆欲しがっていたけど中々貰えなかったのよ。

でも、生活苦しいから日本に出稼ぎに戻るってアルバイト辞める話をしたら、奨学金貰えたのよ。。。書店のマネージャーさんが大学長に文句言ってくれたらしい。。。恐

本当に、色んな人にお世話になったわ。。。

寝坊しちゃってバスに乗り遅れて友達を電話で起こして学校まで連れて行って貰ったり、金曜日は書店で一緒に仕事をしているおばさん(Wanda)がピックアップしてくれたり。

そうそう、Wandaおばさんいつもアテシの分のコーヒーとサンドイッチまで持って来てくれてたの。

嬉しかったなぁ。。。

授業は夜で、リサーチとかも夜中までかかってしていたけど、バスが無いからお友達に予約して迎えに来て貰ったり。

でも、何回か誰もいなくて歩いて帰ったわ。

歩道も無ければ、電灯も無い。

Highwayの横をトコトコ歩く事30分?40分強?

有る時、アテシの部屋のサイズがクロゼット同サイズってのをお友達が知って、そんな所に住んでないで自分の所に来いって言ってくれて。。。

彼女と住んでいる部屋だったけど、半強制的に引越しさせられたわw。

良い人達だったわ。

夜な夜な、タイプライターで論文打って、修正液だよ、間違い直しするの!

時代だよね。。。


本当に色んな人にお世話になったよね。

その人達に恩を直接返す事が中々出来ないから、

自分の周りで助けを必要としている人がいたら

出来るだけの事をしてあげようって、

社会人になってから心がけて来たつもりだけど。

まだまだ、恩返し完了とは行かないな。。。

頂いたものが多いし、大きいからね。





 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村テーマ 海外生活日記へ
海外生活日記