Auntie_K's Diary

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの独り言です。

カントリークラブ

ボンジュール☆

 

今日はウザい雨。

 

でも気温は4℃なのでそう寒くも感じない朝でした。

 

さて、昨日の晩はカントリークラブに初めて行きました。

 

Witlock Golf and Country Club

128 Côte St-Charles

Hudson, Quebec, J0P 1H0

450-458-5305

 

 

夫くんがソーシャルメンバーとして入会する事にしています。

 

このカントリークラブ、ゴルフやカーリングなども出来る施設があって、ソーシャルメンバーになると、スポーツ施設は使えませんが、そこのバーやレストランは利用出来るんです。

 

 

 

 

 

年会費は90ドルで激安。

 

由緒あるカントリークラブで会員さんは皆アテシ達より皆最低5歳は年配の方々。

 

商売上、夫くんはすでに入った途端知り合い(お客さん)だらけ。

 

こう行った付き合いも大切なだろうな〜とは思いつつも、すごく居づらい思いをしたのも事実。

 

だって、あんな社交辞令の嘘笑顔振り撒き散らせないです。

 

嘘笑顔作り過ぎて顔が攣ちゃったわ。

 

アテシも面倒臭いおかまよねぇ〜。

 

ちょっと、こんなシチュエーションになると、空いたお腹も、食欲失って何も食べれずに、お酒は進むので若干悪酔い気味。

 

話の内容も全く興味なし。

 

どこどこの誰さん宅はどーたらこーたら。

 

もう、この手のお話一番嫌いで…

 

 

そんな中自爆伝の一つを面白おかしく紹介してくれたおじさんが一人いたんです。

 

折角なので、そのおじさんのお話を紹介☆

 

自宅の呼び鈴を鳴らして逃げるってないたずらをする近所の子供たちを戒めようと、庭の隅に隠れて待機したおじさん。

 

近づいて来た子供たちを驚かそうと大声で飛び上がったのはイイけど、濡れた石の上に勢いよく大きく足を踏み出してしまったんです。

 

運悪く、丁度隠れていた場の横が大きな溝になっていて、足を滑らせ体のバランスを失ったおじさんはその溝にそのまま落ちてしまったそう。

 

それだけなら恥ずかしいで終わったんですが、太ももの筋を痛めた様で、痛みに悶える声が、襲いかかる獣の雄叫びに聞こえたらしく、子供たちは驚いて叫びながら去って行き、溝の独り残されたおじさんは自力で怪我した足を引きずりながら溝から這い上がり、自宅に戻る羽目になったってお話。

 

怪我をした原因があまりにも幼稚で恥ずかしくて病院にも行かず今も足を若干引きずって歩いているっていう追加のオチまで頂きました。

 

笑いながら自爆伝話せる人ってイイですよね。

 

本当に唯一親近感を覚えた人でした。

 

このおじさんのお陰でスタッフィーに感じていたディナーも帰る頃には楽しかった。そう思えるものになっていました。

 

このディナー。

 

これから毎週木曜日に集まる様な雰囲気だったのが若干気になりますが…

 

 

 

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 トラコミュ 国際恋愛&結婚 海外生活へ

国際恋愛&結婚 海外生活

 

そんな事になったら、このおじさんの近くに座る様にメンタルノートしやした。